« ルリビタキ、七変化。 | メイン | 春の花絡み(2016年版)。 »

 

March 11, 2016

ちょうど5年目だし、いつでも読めるようにリンク貼っておくか?w

Category : 雑談 / small talking

日本は終わりだ。もう私の知ったことではない(by 甘利明元大臣)
裁判官から 「原発事故の責任は誰にありますか?」 と聞かれ、「げ、原発事故の責任は、自民党にあります……」 と蚊の鳴くような声で答える甘利明氏。この時も傍聴席の失笑を買っていた。
(ソース:ビジネスジャーナル http://biz-journal.jp/2016/03/post_14149.html
地震や津波は防ぎようが無いので仕方ありませんが、防災の意識を高めることで被害を最小限に食い止めることができますし、「やっぱ原発を爆発させちゃダメだろ!!!」 って思います。

別に、自民党が~~~、とか、民主党が~~~、とか云うつもりは毛頭ございませんし、政治を職業としている人たちも結局は雇われているというか、長いものに巻かれているというか、云うこと聞かないと角さん(※1)のようなことになってしまうとか、いろいろありますが、融け落ちた核燃料は回収する目処も立たず、今も尚、放射能を出し続けているという事実だけが残ります。
あの時(※2)、策を講じておけば・・・・・・、といっても、今となってはアフターフェスディバル、後の祭りです。



-----------------------------
※1 中曽根康弘著『大地有情』(1996年)271、472頁-「ロッキード事件の原点は角栄の石油政策にある」
※2 「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」
  (2006年12月13日、衆議院)
  http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm




といったところで、久々にアノつべでも貼っておくか!w




コメント頂けたら幸甚です。

関連情報

EF35mm F2 スナップ写真感覚で狙った被写体を高画質に切り取ることができる広角単焦点レンズです。
EF50mm F1.8 II わずか130gという徹底した軽量・コンパクト化と高いコストパフォーマンスで、フットワークよく使える大口径・標準レンズです。
EF50mm F1.4 USM 標準レンズの定番、F1.4の大口径50mm。質量と描写性能、価格のバランスに優れた使い勝手の良い一本です。
EF100mm F2 USM 気軽に持ち運ぶことができ、風景撮影やスナップに活躍する大口径・中望遠レンズ。
EF300mm F4L IS USM 望遠レンズならではの魅力が存分に味わえる、コストパフォーマンスの高い300mm望遠レンズです。
EF400mm F5.6L USM 軽量・コンパクトできわめて高い機動力と、Lレンズならではの優れた高画質がひとつになった超望遠400mmレンズ。

« ルリビタキ、七変化。 | メイン | 春の花絡み(2016年版)。 »

カレンダー

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その他の有象無象


人気blogランキングへ
ポチっとなぁ~♪

にほんブログ村 写真ブログへ
こちらもポチっと♪♪


このブログのフィードを取得
Atom | RDF | RSS 2.0